適切な農薬を使おう

農業を行っている場合、農薬を用いる場合もあるでしょう。確かに農薬は人体によくないのですが、虫を寄せ付けないためや、見た目をよくするためには、多少農薬を用いなければいけなくなることもあります。そんなときには過剰に農薬を使用しない、人体への影響が少ない適切な農薬を使用することが重要です。過剰に農薬を使用する、強い農薬を使用すると、体に悪影響が出る場合もあるでしょう。

もちろん1度食べただけで影響が出ることはないでしょうが、食事は一生涯行います。どんどん農薬が蓄積されていくので、体力や抵抗力が衰えたころになると、影響が出始めるのです。このようなことがないように、適切な農薬を使用することが求められます。適正な農薬を使うためにはいろいろな方法があります。

農作物に合わせて使用する、適正時期に使用して、できる限り使用する回数を減らす、使用量をきちんと守る、使用するときには保護具などを使用して事故を防ぐなどがあります。農薬を製造販売している会社もたくさんあるので、できれば国内産の農薬を使うべきでしょう。もちろん最もよい方法は、農薬を使用しないで農作物を作る方法です。そうすれば農作物本来の味を楽しめますし、安全性も最も高いと言えるでしょう。

農作物が温暖化へ良い影響を与える

地球温暖化の原因と言われているのが二酸化炭素なのですが、二酸化炭素を減らす有効的な方法は、もちろん排出量を減らすことでしょう。しかし、排出された二酸化炭素を光合成によって吸収し、酸素に変えてくれる植物の存在が重要になります。農作物も植物なので、当然光合成も行っていますし、二酸化炭素を吸収して酸素を排出してくれます。そのため、自然破壊をして建物を建て続ければ、当然温暖化対策などできません。

逆に農業をどんどん推進していくことで、二酸化炭素の量を減らすこともできるのです。しかも農業がどんどん活性化していけば、食糧不足の解消に繋がるだけではなく、野菜や果物の価格も下がって消費も上がるでしょう。そうすれば農業も儲かりますし、農作物を購入する消費者も生活が楽になります。食料品を売るスーパーなども、販売価格は下がってもたくさん売れるので、当然儲かるでしょう。

このように3者が得をする政策を進めていくべきなのですが、政治家が全くこのような対策を行わないので、民間が取り組んでいるのです。最近は温室効果ガスを出さないような農業技術も導入され始めているので、どんどん農地を増やして農業の魅力を多くの人に伝えていくべきでしょう。このような取り組みが、地球温暖化対策になるのです。

関連資料:https://www.facebook.com/MonsantoJapan/
温室効果ガスを削減した農林業に力を入れている企業のFACEBOOKです。

低炭素になることのメリット

最近よく低炭素という言葉を耳にすることがあります。特に低炭素住宅などが最近注目されているのですが、なぜ低炭素社会が近年推進されているのでしょうか。炭素が多くなることで、二酸化炭素が作られる量も増えてしまいます。だからこそ温室効果ガスと言われている二酸化炭素を減らすために、低炭素社会を目指していると言えるでしょう。では、低炭素になることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

先ほども少しふれたように、二酸化炭素の削減や地球温暖化対策にもなるのですが、現在低炭素住宅を建てることで、税金の控除額を高くする取り組みなどが行われています。これほど真剣に地球温暖化に対して取り組んでいる国は少なくなっています。もし炭素が増えて二酸化炭素がたくさん作られてしまえば、どんどん地球の温度は上昇するでしょう。そうすれば海面が上がり、島国である日本の面積も狭くなってしまいます。

どんどん熱帯気候になり、農作物も育ちにくくなるでしょう。ただでさえ食糧不足になっているのに、温暖化が進めばもっと食糧不足になります。しかも疫病が蔓延しやすい環境になるので、高炭素社会はデメリットばかりなのです。だからこそ低炭素社会にしていく必要があると言えるでしょう。

カーボンニュートラルとは?

日本は世界最高峰の農業技術を持っているにも関わらず、現在では農業人口が激減し、食品をどんどん輸入に頼っているのが現状です。農作物は天候に大きく左右されるので、地球温暖化問題とも深い関係にあると言えるでしょう。そのため、農業や林業などではいろいろな技術が導入されているのですが、カーボンニュートラルという方法も用いられています。

最近は何でも横文字を使用する傾向にあるので、全く意味の分からない言葉が蔓延しています。カーボンニュートラルもその1つでしょうが、どのような意味なのでしょうか。カーボンニュートラルというのは、簡単に言えば炭素の循環をよくすることです。炭素というのは有機物に含まれている物質で、人間をはじめとした動物、植物などにも含まれている成分なのです。

この炭素は微生物によって分解されることもあります。また、酸素と結合することもあるのですが、こうなると二酸化炭素となって体外に排出されるのです。知っての通りに二酸化炭素は地球温暖化を推し進める成分なのは知っているでしょう。この二酸化炭素を光合成によって吸収し、酸素に変えてくれるのが植物です。この循環を正常に行うことで、地球温暖化対策にもなるのです。

これがカーボンニュートラルなのですが、地球温暖化などの環境問題では、比較的よく耳にする言葉となっています。当サイトではカーボンニュートラルによって地球温暖化対策や農業対策に役立っているということを、多くの人に伝えています。