カーボンニュートラルとは?

日本は世界最高峰の農業技術を持っているにも関わらず、現在では農業人口が激減し、食品をどんどん輸入に頼っているのが現状です。農作物は天候に大きく左右されるので、地球温暖化問題とも深い関係にあると言えるでしょう。そのため、農業や林業などではいろいろな技術が導入されているのですが、カーボンニュートラルという方法も用いられています。

最近は何でも横文字を使用する傾向にあるので、全く意味の分からない言葉が蔓延しています。カーボンニュートラルもその1つでしょうが、どのような意味なのでしょうか。カーボンニュートラルというのは、簡単に言えば炭素の循環をよくすることです。炭素というのは有機物に含まれている物質で、人間をはじめとした動物、植物などにも含まれている成分なのです。

この炭素は微生物によって分解されることもあります。また、酸素と結合することもあるのですが、こうなると二酸化炭素となって体外に排出されるのです。知っての通りに二酸化炭素は地球温暖化を推し進める成分なのは知っているでしょう。この二酸化炭素を光合成によって吸収し、酸素に変えてくれるのが植物です。この循環を正常に行うことで、地球温暖化対策にもなるのです。

これがカーボンニュートラルなのですが、地球温暖化などの環境問題では、比較的よく耳にする言葉となっています。当サイトではカーボンニュートラルによって地球温暖化対策や農業対策に役立っているということを、多くの人に伝えています。