低炭素になることのメリット

最近よく低炭素という言葉を耳にすることがあります。特に低炭素住宅などが最近注目されているのですが、なぜ低炭素社会が近年推進されているのでしょうか。炭素が多くなることで、二酸化炭素が作られる量も増えてしまいます。だからこそ温室効果ガスと言われている二酸化炭素を減らすために、低炭素社会を目指していると言えるでしょう。では、低炭素になることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

先ほども少しふれたように、二酸化炭素の削減や地球温暖化対策にもなるのですが、現在低炭素住宅を建てることで、税金の控除額を高くする取り組みなどが行われています。これほど真剣に地球温暖化に対して取り組んでいる国は少なくなっています。もし炭素が増えて二酸化炭素がたくさん作られてしまえば、どんどん地球の温度は上昇するでしょう。そうすれば海面が上がり、島国である日本の面積も狭くなってしまいます。

どんどん熱帯気候になり、農作物も育ちにくくなるでしょう。ただでさえ食糧不足になっているのに、温暖化が進めばもっと食糧不足になります。しかも疫病が蔓延しやすい環境になるので、高炭素社会はデメリットばかりなのです。だからこそ低炭素社会にしていく必要があると言えるでしょう。