適切な農薬を使おう

農業を行っている場合、農薬を用いる場合もあるでしょう。確かに農薬は人体によくないのですが、虫を寄せ付けないためや、見た目をよくするためには、多少農薬を用いなければいけなくなることもあります。そんなときには過剰に農薬を使用しない、人体への影響が少ない適切な農薬を使用することが重要です。過剰に農薬を使用する、強い農薬を使用すると、体に悪影響が出る場合もあるでしょう。

もちろん1度食べただけで影響が出ることはないでしょうが、食事は一生涯行います。どんどん農薬が蓄積されていくので、体力や抵抗力が衰えたころになると、影響が出始めるのです。このようなことがないように、適切な農薬を使用することが求められます。適正な農薬を使うためにはいろいろな方法があります。

農作物に合わせて使用する、適正時期に使用して、できる限り使用する回数を減らす、使用量をきちんと守る、使用するときには保護具などを使用して事故を防ぐなどがあります。農薬を製造販売している会社もたくさんあるので、できれば国内産の農薬を使うべきでしょう。もちろん最もよい方法は、農薬を使用しないで農作物を作る方法です。そうすれば農作物本来の味を楽しめますし、安全性も最も高いと言えるでしょう。